Silpakorn大学の学生達の彫刻展があり、行ってみました。

学生さんは若い人ばかりではないかもですが、彫刻はあまり若々しさを感じない渋いものでした。

人体、キネティック、有機的な形、大きく分けるとこの3つが今のタイの彫刻のようです。国営大学なのでアカデミックなのかもしれませんね。

展覧会のタイトルは“So Far So Good” これから彼らはどんな作品に展開をしていくのでしょうか?

Kaori Sugiyama


IMG_5167

Silpakorn大学に行ってみました。バンコクの東京芸術大学みたいなものです。

警備が厳しく5分しか車が止められないため駆け足にて見ました。

カフェやギャラリーがある棟には、かわいいタイルが建物にほどこされていたり、ワイヤーアートがあったりと芸術大学らしいところも見え隠れ。彫刻部屋とか見てみたかったのですが、キャンパスが別なのか見当たらずでした。

Kaori Sugiyama




 

 

 

 

 

展示室ではモノトーンの作品を集めた展覧会があり、モノトーンというだけで、タイプは様々。



BACCと呼ばれるセンターがバンコクで唯一のコンテンポラリーミュージアムです。

ショッピングモール、デパートが乱立するサイアムのとても便利なところにありますが、ここはいつも人が少なく癒される場所です。都営なので、殆どのイベントは無料。数個の展示を一気に見れるところです。

http://www.bacc.or.th/

建築はグッケンハイムみたいな感じで、吹き抜け。Lolayの巨大フィギアが入口におります。センターの中はワークショップができるスペースが数カ所あったり、ショップやカフェ、映画館やライブラリーも入ってますので、涼しいところで半日くらい過ごせます。本当にバンコクは暑いので、ここはまさに都会のオアシス、駆け込み寺です。

先日行った時にMDⅢという展示をやっていまして、バンコクでやっとコンテンポラリーアートを見たという気分になりました。

Kaori Sugiyama

 

 






 

 

 

 

 

 

 

音楽あり、マーケットあり、皆それなりに寛いでおります。

音楽ありマーケットあり、皆それなりに寛いでおります。

オシャレ自転車ショップ。自転車が流行ってます。

オシャレ自転車ショップやカフェもあります。今、自転車が流行ってます。

 

タイっ子はタラート(市場)好き。ショッピングモールの中にイベントでオーガニックマーケットや、物産展、実演販売など、ブランドの店舗前に賑やかなタラートが常に開催されています。

誰がどんな感じで作っているかの看板が出ていて生産者が意欲的に売っています。タイではやる気のない売り子が多いので珍しい光景です。




パランプセスト-重ね書きされた記憶/記憶の重ね書き

というタイトルの展覧会がギャラリーαMではじまっています。

VOL.1飯嶋桃代さんの展示は土曜日まで。

女性ならではのセンスの作品でした。

Kaori Sugiyama

IMG_S4986 IMG_S4982 IMG_S4981

アジア最大のアートフェア、バーゼル香港に行ってきました。

アジアの作家を中心に美術館級の作品から若い作家の作品まで、

一挙に見れる活気溢れるフェアでした。

最終日もあってファミリー層が多く、子供の多さにびっくりです。皆楽しそうに観覧していてます。

Kaori Sugiyama